とこなめ陶の森 資料館・陶芸研究所・研修工房

とこなめ陶の森 陶芸研究所

とこなめ陶の森 陶芸研究所のご利用案内

住所:
〒479-0822
愛知県常滑市奥条7丁目22番地

TEL / FAX:0569-35-3970

開館時間: 9:00〜17:00

休館日:
月曜日(祝日の場合翌日)・年末年始

入場料: 無料

E-mail:
tounomori@city.tokoname.lg.jp

陶芸研究所 企画展について

「常滑の急須展 ~近世から近代の様相~」
2017年9月30日(土)から2018年2月25日(日)

常滑で急須が作られるようになるのは今から約200年前、江戸時代後期の文化文政の頃と言われています。
常滑の急須の代表ともいえる朱泥焼は、安政元年(1854)に始まりました。その当時、常滑の作り手による土の研究も盛んになり、白泥焼、南蛮焼、木目焼などは今も受け継がれています。
なかでも、焼き上げると白色になる土に海藻を巻き付けて焼成した藻掛けの急須は近世近代における常滑独自の表現として大変人気がありました。本展では、幕末から明治・大正時代に活躍した常滑の名工の急須を約60点展示します。
10月7日(土)午後から煎茶会があり、随時展示解説を行います。

煎茶会「明治の煎茶趣味でしつらえた煎茶席」
開催日:
10月7日(土)
時間:
12時から15時30分
呈茶代:
500円

とこなめ陶の森 陶芸研究所 二代伊奈長三作 朱泥糸引急須

二代伊奈長三作 朱泥糸引急須

とこなめ陶の森 陶芸研究所 初代森下木二作 朱泥筋引急須

初代森下木二作 朱泥筋引急須

とこなめ陶の森 陶芸研究所 初代山田常山作 朱泥茗壺

初代山田常山作 朱泥茗壺

とこなめ陶の森 陶芸研究所 二代山田常山作 朱泥茗壺

二代山田常山作 朱泥茗壺

とこなめ陶の森 陶芸研究所 瀧田椿渓作 南蛮急須

瀧田椿渓作 南蛮急須

とこなめ陶の森 陶芸研究所 磯村白斎作 白泥藻掛急須

磯村白斎作 白泥藻掛急須

ページのTOPへ

とこなめ陶の森 Instagram もっと見る