とこなめ陶の森 資料館・陶芸研究所・研修工房

とこなめ陶の森 資料館

とこなめ陶の森 資料館のご利用案内

住所:
〒479-0821
愛知県常滑市瀬木町4丁目203番地

TEL:0569-34-5290

FAX:0569-34-6979

開館時間: 9:00〜17:00

休館日:
月曜日(祝日の場合翌日)・年末年始

入場料: 無料

E-mail:
tounomori@city.tokoname.lg.jp

企画展について

開催中の企画展

企画展
「大野谷の縄文時代~大野谷で生きた人の生業を考える~」
平成29年11月18日(土)から平成30年2月25日(日)

縄文ムラの風景(絵:山下勝年)

縄文ムラの風景(絵:山下勝年)

常滑市と知多市、阿久比町にまたがる大野谷には今から約7000年前の縄文時代前期から貝塚を形成するほどの活発な暮らしがみられます。しかし、何故か縄文人が住んだ住居は発見されておらず、具体的な活動は議論されていません。本企画展では、大野谷で見つかっている縄文時代の5遺跡から出土した資料とともに大野谷の人々が生業にしたと考えられる知多半島の海産物にも注目し、当時の生活を学ぶ企画展を開催します。
本企画展では、縄文土器、石器、骨角器、貝、獣骨、海産物など約300点を展示します。

ギャラリートーク
12月16日(土)午後2時から午後3時

とこなめ陶の森 縄文歴史講座
日時:
12月3、10、17日(毎日曜日)3日とも午前10時から12時
会場:
とこなめ陶の森 資料館 2階 講座室
参加費:
無料
申込み:
不要
内容:
縄文時代に大野谷に住んでいた人々の生業をもっと深く知るために3週連続で歴史講座を
実施します。

12月3日(日)
「縄文土器と海産物から生業を考える」
講師:増子康眞さん(名古屋考古学会)

12月10日(日)
「遺跡の立地から知多半島の縄文人の生業を考える」
講師:西野順二さん(知多古文化研究会)
「石器から大野谷の生業を考える」
講師:小栗康寛(とこなめ陶の森)

12月17日(日)
「知多と渥美の貝塚と縄文人の一生」
講師:坂野俊哉さん(知多古文化研究会渥美支部)
「谷川徹三著 『縄文的原型と弥生的原型』を読み解く」
講師:小栗康寛(とこなめ陶の森)

過去の企画展

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

ページのTOPへ

とこなめ陶の森 Instagram もっと見る