とこなめ陶の森 資料館・陶芸研究所・研修工房

とこなめ陶の森 研修工房

とこなめ陶の森 研修工房のご利用案内

住所:
〒479-0822
愛知県常滑市奥条7丁目22番地

TEL / FAX:0569-35-3970

開館時間: 9:00〜17:00

休館日:
月曜日(祝日の場合翌日)・年末年始

入場料: 無料

E-mail:
tounomori@city.tokoname.lg.jp

講師の紹介

とこなめ陶の森の講師 杉江 幸治(大物ロクロ)

杉江 幸治(大物ロクロ)
常滑市出身
(公社)日本工芸会正会員
日本伝統工芸展 入選
東海伝統工芸展 授賞4回
常滑市指定無形文化財保持者

とこなめ陶の森の講師 谷川 仁(小物ロクロ)

谷川 仁(小物ロクロ)
常滑市出身
水野静仙氏に師事
日展、日本現代工芸美術展 現代工芸賞受賞
現代工芸会員賞受賞 東海展奨励賞受賞
第34回日本現代工芸美術展 審査員、朝日陶芸展 知事賞受賞、’78展 ’78賞受賞、テーブルウェアー 大賞展 佳作賞受賞、ニュークラフト展 入選、中日 国際陶芸展 入選、現代陶芸めん鉢大賞展 入選、 日本六古窯現代作家選抜陶芸展 3回出品 など多数受賞

とこなめ陶の森の講師 杉江 幸治(大物ロクロ)

小山 乃文彦(小物ロクロ)
熊本県出身

1991

私立立教大学経済学部中退

1992

常滑市立陶芸研究所修了

1997

常滑にて独立

「日常の器」をテーマに粉引を中心に制作を続ける。

とこなめ陶の森の講師 清水 源二(急須ロクロ)

清水 源二(急須ロクロ)
常滑市出身
焼締めで急須、茶器を主に制作
(公社)日本工芸会正会員
経済産業大臣認定伝統工芸士
常滑市指定無形文化財保持者
瑞宝単光章伝統工芸業務功労受章

とこなめ陶の森の講師 加藤 真美(手びねり)

加藤 真美(手びねり)
東海市出身 同志社女子大学中退、常滑市立陶芸研究所にて学ぶ

第31回

長三賞陶芸展 自由部門 審査員賞

第47回

女流陶芸 NHK京都放送局賞

第21回

庄六賞茶盌展 庄六賞

第42回

美濃陶芸展 中日賞

近年は海外を中心に個展・講義・ワークショップ を行う。 名古屋芸術大学非常勤講師

とこなめ陶の森の講師 松村 英治(造形)

松村 英治(造形)
熊本県出身

1992~93

アジア遊行

1995

金沢美術工芸大学彫刻科卒業

1996

パキスタン・アフガニスタン遊行

1997

金沢美術工芸大学大学院彫刻課程修了

1999

常滑市立陶芸研究所修了

現在 阿久比町の工房にて制作

とこなめ陶の森の講師 吉川 千香子(造形・絵付他)

吉川 千香子(造形・絵付他)
北海道小樽出身

1970

武蔵野美術大学彫刻科卒業

1974

常滑市に移る

1992

マラ工業大学(マレーシア)にて国際陶芸交流事業に参加

1999

常滑市作品収蔵、常滑市文化会館に設置

その他、国内や海外に多くの作品を発表、展示

とこなめ陶の森の講師 宇賀 和子(造形・絵付他)

宇賀 和子(造形・絵付他)
千葉県出身
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科で陶磁器デザインを学ぶ

1983

長三賞陶芸展 長三賞受賞

2006

出石磁器トリエンナーレ 優秀賞受賞
朝日現代クラフト展 奨励賞受賞

2008

第二回台湾国際陶芸ビエンナーレ審査員賞受賞 その他

国内外で作品展示及び、チェコ、インド、スペイン、韓国、コロンビア、中国・景徳鎮などでのワークショップやレジデンスなどに参加。

とこなめ陶の森の講師 杉江 明美(絵付)

杉江 明美(絵付)
東京都出身
東京芸術大学工芸科卒業
宮之原謙先生に師事
日本陶芸倶楽部勤務
朝日陶芸展 入選、中日国際陶芸展 入選、朝日現代クラフト展 入選
長三賞陶芸展 第20回記念大賞受賞

とこなめ陶の森の講師 水上 勝夫(デザイン装飾)

水上 勝夫(デザイン装飾)
常滑市出身

1979

金沢美術工芸大学工芸科卒業
今井政之氏(京都)に師事

1990

朝日陶芸展 ’90秀作賞受賞

2009

長三賞現代陶芸展奨励賞 他多数受賞

2010

NHK趣味悠々「やきものの里で陶芸に親しむ」講師

全国各地で個展、グループ展で活動

とこなめ陶の森の講師 津坂 和秀(釉薬応用)

津坂 和秀(釉薬応用)
名古屋市出身
愛知県芸術大学(講師)
京都市技術伝統産業技術者研修
陶磁器コース(講師)

ページのTOPへ

とこなめ陶の森のInstagram もっと見る